城の森保育園の特徴

園の特徴

保育理念

「自然の中で子ども自らが考えて遊ぶことにより

のびのびと、わくわくでいっぱいの毎日を送ること。」

「にんげん力」は、思いっきり遊ぶ日々の中でこそ磨かれます。

① 遊びの中から生きる力を育てる

「水・泥・砂・太陽が子どもを育てる」とも言われ、子どもたちはその中で生きる力というものを自ら育んでいきます。自然環境の中でその五感を働かせて探索し、自らの感覚を育てていきます。乳幼児にはこの自然環境の中で遊ぶことが一番大切でありその環境づくりに力を入れていきます。

② 食べる

子どもたちの健康に十分配慮し、安心して食べられる食材を選び、献立を考え、なるべく手作りで提供します。添加物の少ない味噌や醤油、新鮮な野菜といったように生産者、産地のわかる食材など食材選びから気をつけていきます。

③ リズム遊び・ロールマット

0歳から年長まで、「さくら・さくらんぼのリズムあそび」とロールマットを取り入れていきます。

このリズム遊びで楽しく遊ぶことでしなやかな身体と五感をもった子どもに育ちます。

さくら・さくらんぼのリズムあそび・・・運動神経と感覚神経の発達が、脳中枢神経の発達を促します。就学までが最も発達する時期です。そのため、ここで行われるリズム遊びは、発達を促す200種類以上考案され、手先・足先・腕・脚・首・背・腹と、全身の筋肉をくまなく使うように工夫されています。ピアノのリズムにのって、自然に全身をバランスよく発達させていきます

ロールマット

ロールマットを使って身体をほぐすのが、朝の日課です。特殊なマットの上で子ども達は脱力した状態を保ち、保育士の介助によって血行を促し、身体の歪みを矯正していきます。それによって、その1日の保育がスムーズに浸透する状態になり、しなやかな身体と心をつくっていきます。

④ 創造力を伸ばすために文字教育はしない

知育より、子どもの意欲を伸ばすことのほうが大切で、脳が内側から外側へと進化した人類の進化の順に照らし合わせ、「意欲」や「やる気」が関わる脳の内側を鍛えるのが一番大切です。(脳科学で言われているドーパミンサイクルを作る事)

「自然は、意図しない刺激(光、音、様々な形や色、感触)に満ちています。一方、人間が与える教育は、意識上の言語で作られたもの。良い教育をしているつもりでも、意識下への刺激がカットされて、刺激が狭められてしまう危険性があるのです」

大人が「よかれ」と思って与えるよりも、はるかに高度なことを子どもの脳は自分でやろうとしています。「子どもが自分で自発的に学ぶ力を邪魔しないことを大切にしています」

⑤描画

絵には、子どもの心の状態が表れます。絵を見て、子どもが感じていること、捉えていること、脳と身体の発達を読み取り、保育のあり方、子どもとの関係性を確認していきます。

「生物の進化に学乳幼児期の子育て/斉藤公子」には次のように書かれています。

三才をすぎると人間の顔から直接手と足が出てくる。

まだ胴体の認識がないのが普通で、教えて描かせたら、かえってその後の発達を止めてしまう。

三才後半になってくると友達と遊んでいる、手をつないで歩いている絵を描くが、まだ空中遊泳の人間を描いている。

四才前半に、二、三ヶ月の早い遅いはあるが、はじめて空と地を分ける線を描き、地面を歩いているという認識を持つ。

四才後半ごろに初めて胴体の認識が出てくる。これはまったく全国一様である。

この胴体が出てくる前に、または三才で幼稚園などに入園し、描き方を一様に真似したり教えられたりした場合、多くは次のような絵になって現れる。これも全国一様である。

(「生物の進化に学乳幼児期の子育て」より)

「人間には体があるではないか、頭から手足が出るのはおかしい」などと教わったり、「頭には髪の毛がある」などと言われて描いた子どもは、不思議と前頭葉の部分、つまり創造する人間らしい脳の部分がなく、言われた通り描くが、三才、四才、五才になっても、その後の発展がない。

~引用ここまで~

絵の描き方を教えられずに、毎日遊びきり楽しかったことを思い出して頭の中で創造した絵(下のような絵)を何枚も描きます。

いずれも、楽しかった時や、聞いた物語の場面を、頭の中で思い出し、創造して一気に(集中して)描きます。
 

⑥ オムツは使わない

城の森保育園では、0歳児からパンツで保育します。(パンツが履けない子どもは布オムツを使います)

赤ちゃんはとても賢く、オムツを外して排泄をしていると、赤ちゃんも自分の体から排泄物が出ているということがよくわかり、排泄をコントロールする神経も自然に発達して、おしっこやうんちを溜めて出すようになり、自分で調整するようになります。

ハイハイしたり歩いたりすることを大人が教えなくても赤ちゃんは自分でするようになっていくのと同様に、本来排泄も、自然な状態(おむつの外)で排泄させていれば、大人が特に教えてなくても、排泄はコントロールできるようになるのです。

⑦ 城の森保育園では異年齢保育を採用していきます。

年齢ごとのクラスわけはなく、1歳児~5歳児まで一緒に遊んでいきます。(1歳児と5歳児は活動が全然違いますので個人差、レベルなど見てきちんと配慮していきますのでご安心下さい。)

子どもたちは、保育園の中でお互いから学び合います。年下の子どもは、年上の子ども達への興味・憧れからチャレンジ精神旺盛になり、新しいことを覚えたり、子ども達同士で解決しようという自立心も芽生えます。

また年上の子どもは、年下の子どもに世話をし、教えることによって自信をもち、思いやりの心を育てます。子どもたちは、これらを通して社会性と協調性を自ら学び、小さな社会を築き上げていきます。

1日の流れ・年間行事

城の森保育園デイリープログラム

7:30 順次登園(視診・検温) 自由遊び
9:00 朝の会・座禅・雑巾がけ
9:30 主活動(リズム・雑巾がけ・散歩・あそび)
11:00 昼食
12:30 午睡
15:00 おやつ
15:30 午後のプログラム・自由遊び
17:00 順次降園
18:00 延長保育
18:30 閉園

年間行事予定表


運営会社概要

開園年月日 平成29年3月26日
運営会社 合同会社 瑞城
運営形態 認可外保育園(企業主導型保育事業)
住所 〒904-2214 沖縄県うるま市安慶名1032-1 2F
電話番号 098-989-7860
対象園児 1歳児~5歳児
定員 30名(1歳児 6名、2歳児 6名、3~5歳児 18名)
職員数 保育士6名 看護師1名 保育補助員3名 調理員2名 他1名

※城の森保育園は企業主導型保育事業の保育園です。

企業主導型保育とは?

企業主導型保育事業は、多様な働き方に対応した保育サービス拡大を企業が主導して提供することで、待機児童解消をはかり仕事と子育てとの両立を支援しようと、平成28年度からスタートした制度です。
「企業主導型保育園」とは、認可外保育施設ではあるものの、企業で働く従業員の子どもや、認可保育園に預けることが出来ないご家庭の子どもたちが、認可保育施設なみの保育を受けられる施設です。柔軟な運営ができるのが特徴です。

企業主導型のメリット

認可保育園に現状入園できない短時間勤務の方も利用が可能です!

認可外であるからこそ、従業員の働き方に柔軟に対応できるだけでなく、就労要件を満たせば利用者と直接契約ができるため、自治体によって保育の必要性を認められにくい非正規労働者なども保育サービスの利用ができるメリットが有ります。